QUEEN

もし1曲だけ目の前でQueen の演奏が聞けるなら?フレディに歌ってもらいたい曲はこれ

Freddie : 昨日助けていただいた鶴でーすっ!

お礼に一曲歌いますよ。

Me: 2曲でもいいですか?

Freddie: ワガママな娘ね。1曲だけよダーリン。

Me: ではIn the lap of the gods-revisited Live at Wembley ‘86ヴァージョンでお願いしまっす!

Queen / In the lap of gods

シアー・ハート・アタック / (1974年) 収録
邦題「神々の業」 フレディ・マーキュリー 作

和訳はこちらを参考に>>>

今目の前にフレディが現れて、何か1曲歌ってくれると言ったらこの曲をお願いする!

私にとってベスト3(ベスト3が10曲くらいあるわけだが)に入る曲。

いろんな葛藤の末に「あとは神様次第だから」のような歌詞。

「Lap of the gods」とは人の力ではなく、神々(gods)の保護下にあるということから、「神様しだい、または運次第」という意味があります。

そこで思い出したのがボヘミアンラプソディーの最後「anyway the wind blows 」のどっちにしたって風はふくのさ…

似たニュアンスですね。諦めると言うより「頑張ったってダメな時もあるよ。なるようになるさ。時には力を抜いて生きていこうよ」

私はそのように解釈してます。

 

このビデオ…はぁ…まるで魂の叫び。何回聞いても心を鷲掴みにされる…

そしてフレディのファルセットにしびれる♡

この頃はフレディも40歳でライブは体力的にもきついお年頃。

彼の全てのエネルギーを使ってオーディエンスを喜ばせてくれているのが見て取れます。

やはりフレディマーキュリーは偉大なパフォーマー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です