food

ダンデライオンチョコレートを食べたらコンビニチョコは食べられない!@蔵前

Been to barにハマりつつあるじゅんです。

今ハマってるダンデライオンチョコレートファクトリーは2016年にサンフランシスコから日本に初上陸したBeen to bar チョコレート。

ここ東京蔵前店が日本一号店です!

ところでBeen to barとは?

カカオ豆(Bean)から板チョコレート(Bar)ができるまでの全工程(選別・焙煎・摩砕・調合・成形)を、 自社工房で一貫管理して製造する新たなチョコレートの製造スタイル。カカオ豆の本来の味わいと香りが際立った、印象的な風味特性を持つチョコレート。 そのために、カカオ豆からチョコレートに成形するまで総ての段階において一貫した体制・工程で品質管理が徹底されていることが必須条件となる。カカオ豆の本来の味わいと香りが際立った、印象的な風味特性を持つチョコレート。 そのために、カカオ豆からチョコレートに成形するまで総ての段階において一貫した体制・工程で品質管理が徹底されていることが必須条件となる。

 

ビーン トゥ バー チョコレートとは職人がこだわりを持って作ったチョコレートのことですね。

一般に市販されているチョコレートのカカオ濃度は30〜40%が多いですが、ビーントゥバーは70%濃度のチョコレートが多く、カカオ豆本来の豊かな香りと味わいを楽しむことができます。

なので一度食べてしまいとコンビニで売っている原材料の多くが砂糖のチョコレートでは物足りなくなってしまいます。

ダンデライオンチョコレート@蔵前

111-0051 東京都台東区蔵前4-14-6
Tel 03-5833-7270 Fax 03-5833-7274
Open 10:00 – 20:00 (Last order 19:30)
店舗には駐車スペースがございません。
お近くの駐車場をご利用ください。
※物販のお会計も19:30までとなります。

 

ダンデライオン・チョコレートはトッド・マソニスとキャメロン・リングによって2010年に創設。2008年に共同運営していたWEB事業売却を機に、友人のガレージを借りてチョコレートを作り始めました。 100年以上前からある本来の製造法に立ち返り、本物のチョコレートを再現しようと突き詰めた結果が、Bean to Barチョコレートでした。 ダンデライオン・チョコレートでは、使用するカカオ豆の生産者をすべて訪れ、時には発酵から乾燥までのプロセスについて対話し、直接交渉を行った上で、輸入しています。 わたしたちは、Bean to Barをムーブメントから文化として根付かせることを目指しています。 2016年2月に東京・蔵前にオープンした日本1号店は、1階はチョコレートファクトリーとスタンド、2階はカフェとワークショップスペースを併設したファクトリーです。 製造工程を間近で見ながら、チョコレートドリンクやスイーツを楽しんでいただけます。

 

ダンデライオンチョコレートファクトリー&カフェの公式ホームページはこちらから>>>

ダンデライオン カフェメニュー

週末はカフェ待ちで並んでいますので覚悟してくださいね。

ただしテイクアウトだと比較的待たずに購入できるのでテイクアウトにしてもらいました。

 

KURAMAE HOT CHOCOLATE

クラマエホットチョコレート

¥630

蔵前オリジナルのホットチョコレート。NAKAMURA TEA LIFE STOREの無農薬・有機栽培のほうじ茶(静岡県産)で香りづけしています。

チョコレートがもっとこってりしているかと思ったらミルクで割っているせいもありとても軽い飲み口でした。

甘さは控えめなのでスタバのなんとかフラペチーノの甘さが苦手な私も美味しく頂けます。

チョコレートの香り50%、ほうじ茶の香りが50%で両者譲らない勝負なのですが不思議とマッチします。

ここ蔵前店限定なのでチョコレートドリンクに迷ったらこれがおすすめです!

HOUSE MOCHA

ハウスモカ

ハウスホットチョコレートとエスプレッソを合わせました。

¥630

こちらも飲んでみましたがエスプレッソの香りが少し弱く感じて私はほうじ茶の方が好みです。

 チョコレートバー

ショップに行くと何種類かのバーがありますがこれらは約¥1200します。

私もはじめ板チョコ1枚に¥1200?!と思いましたがこれも一回食べていただきたい!原材料がカカオとオーガニックきびの2つだけ!というカカオの香りを楽しむためのチョコレートバーなのです。

口に入れた瞬間にカカオのアロマが口いっぱいに広がって、ほんのり甘いオーガニックきびが後から追いかけてきます。

一言でいうとうまい!(語彙力)

今までもジャンポールエヴァンえピエールマルコリーニetc の1粒¥300くらいのチョコレートも食べてきましたが、このチョコバーは違いがはっきり分かります。

余計な材料が入ってないからですね。

これ食べたらコンビニで売ってるチョコは甘すぎて食べられなくなりますよ!たまに食べるけど。笑

KitKat 45周年記念アソート35種類を食べてみたレビュースイーツはやめたくてもやめられないじゅんです。 スイーツ好きなら一度は食べたことのあるキットカット! キットカットはイギリス...

DULCE DE LECHE BAR

ドゥルセ・デ・レチェ・バー

アーモンドとヘーゼルナッツのサブレクラストに、ドゥルセ・デ・レチェをのせ、チョコレートキャラメルガナッシュで仕上げたバー。

¥450

トップのチョコレートをはやわらかめで下のサブレのサクサクとめっちゃマッチします。

CHOCOLATE BROWNIE

チョコレートブラウニ ー

ダンデライオンのチョコレートを使ったリッチなブラウニーです。トッピングにはカカオニブを。

¥400

こちらオススメです!甘さ控えめのブラウニー。ほどよいしっとり加減でトップのカカオニブがカリカリっとアクセントに。

ビタメールのブラウニーが好きでよく買うのですが、ダンデライオンのブラウニーは甘さ控えめでペロリといけちゃいます。

バレンタイン ホワイトデーにダンデライオンチョコレート

こだわりのある贅沢なチョコレートなので、バレンタインにはもちろんのことホワイトデーのお返しにも最適。

こんなに美味しいチョコレートをもらって喜ばない女性はいません!近所にダンデライオンがなくても大丈夫。

見た目も素敵なパッケージのセットがオンラインで購入できます。

ダンデライオンチョコレートオンラインショップはこちらから>>>

今からショップも増やしていくのか、いろんな場所でポップアップも精力的に展開してますね。

日本でもビーントゥバーショップが増えてきているのでまた違うショップのチョコレートも試してみますね。

【バレンタイン】ダンディライオンチョコレートとCOEDOのコラボビールが限定発売!購入レポ以前はチョコレートジャンキーだったじゅんです。 毎日一箱はチョコレートを食べてる時期がありました。 美味しいですよね。 ...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です