food

門前仲町リッコジェラート/ 清澄白河ブリジェラ

大人女子の呑んで食べて笑う美活部長のじゅんです。

今回は「門前仲町」と「清澄白河」のジェラートショップのご紹介です。「門前仲町」と「清澄白河」はとなり町同士で江東区に位置します。

もんじゃで有名な「月島」や相撲で有名な「両国」の中間にあります。東京駅、銀座、日本橋からも近く「門前仲町」は東西線と大江戸線、「清澄白河」は半蔵門線と大江戸線でアクセス可能と便利な立地です。

私にとって「門前仲町」のイメージは「下町、パチンコ、ラーメン屋」でした。2015年2月に「清澄白河」にブルーボトルコーヒーの1号店ができたあたりから、「門前仲町」周辺にもいろんな小洒落たお店が建ち始めます。「清澄白河」は ブルーボトルコーヒー の勢いをかりて今では「カフェの街」で有名ですね。

それでは私のお気に入りのジェラートショップ2件ご紹介します。

Ricco Gelato (リッコ ジェラート)

 

宮古島に本店があるジェラートショップ。東西線門前仲町駅から2、3分の場所にあります。お客様が2人いたらいっぱいな小さな可愛らしいショップです。

店内でも食べられますが門前仲町界隈をぶらぶらしながら食べるのも気持ちがいいですよ。

素材そのものから作る事で、生まれる本当のおいしさ。

RICCOとはイタリア語で「豊かさ」のこと。
リッコジェラートは 宮古島の豊かさをジェラートにして表現する ことをコンセプトに、2009年スタートしました。

宮古島には マンゴー、パッションフルーツ、紫芋、バナナなど南国らしい物に限らず 牛乳や黒あずき、泡盛、ハーブにちんすこうや豆乳など多くの美味しい食材があります。 強く降り注ぐ太陽やミネラルたっぷりの土壌、おじぃおばぁのよく日に焼けた笑顔 そんな豊かさに育まれた 素材そのものの本当のおいしさ を味わっていただくために それぞれの食材を旬の時期に購入して加工し、ジェラートにして出来立てをご提供する。
とても当たり前のことですが、そういうことを大切に、手作りしております。

多くのお客様に、宮古島の素材の素晴らしさを味わっていただきたい 美しい海や楽しい旅行の思い出話のきっかけになれたら、 私たちは幸せです。

サイズはシングル、ダブル、トリプルの3種類。カップか手作りのコーンが選べます。

ジェラートは季節によって変わります。シークアサーや紅芋、ちんすこうなど宮古島らしいジェラートもオススメですが、私の一押しはほうじ茶のジェラートです。

*右がほうじ茶で左がパッションフルーツヨーグルト。

私も最初は「えーほうじ茶ー?」と思いましたよ。抹茶はよくありますがほうじ茶?ってね。でも食べてみたらお茶の香りもしっかり味わいつつミルクの甘さがハマります。旨いのよ〜。鼻から抜けるほうじ茶のかほり。

最近なんでも「抹茶味」が多くて食傷気味でした。私は抹茶より好きかもです。いや好きです!みなさんにも一度食べて欲しい。

 

 

こちらはブラッドオレンジとマンゴー。シチリア産のブラッドオレンジは夏の甘酸っぱい香りがして旨い。

宮古島のマンゴーを贅沢に使ったジェラート。パッションフルーツの酸味で後味もさっぱり。

 

 

ピスタチオ、ジャンドゥーヤ、珈琲。珈琲はエスプレッソの香りが口いっぱいに広がります。コクがあって旨い。この珈琲ジェラートは同じ地元門前仲町にある ガムツリーコーヒー のコーヒーを使用しています。納得です。旨いはずです。地元愛が素敵。

 

 

季節もので春限定のあまおうを使ったジェラートも。見た目も美味しそうです。

 

こちらはお持ち帰り用。写真には入ってませんが大人も楽しめる「泡盛」のジェラートも発見!気になる〜♡

追記

お持ち帰りジェラートを食べてみました。

ピスタチオとブラウニーは以前試食済み。

ピスタチオ

マメの食感も楽しめる濃厚な味わい。ピスタチオの主張の強い味。旨すぎ

こういうジェラートを食べてしまうと香料で味付けをしたアイスクリームが物足りなくなってしまう。

ブラウニー

チョコレートジェラートに小さいブラウニーが入っていて食べ応えあり。チョコレートの味が深い!

塩ちんすこう

甘じょっぱいミルクジェラートにちんすこうを砕いたものが入っています。うんうん宮古島の味がしますよ。これも好きだな。

 

雪塩

これはシンプルで旨い。いつまでも飽きのこないおいしさ。フレッシュミルクジェラートに天然塩が入っているだけなんですが新鮮な味です。

門前仲町店のミルクジェラートは島根県、木次乳業の低温殺菌牛乳を使っています。

塩は宮古島の塩。

このように食材の出どころが表記してあるお店は安心して食べられますね。

きな粉 & 黒みつ

テイクアウト限定。黒みつが濃厚なのではじめに混ぜて食べる事をオススメします。きな粉の味もしっかりしていて旨い。

 

でもやっぱり私はほうじ茶のジェラートかな。夏はさっぱり雪塩いいかも。

厳選された素材で作っているので何を食べても旨いのですけどね。

宮古島と門前仲町の2店舗のみのリッコジェラート。オンラインでも購入可能です♡

Rocco Gelato お店の詳細はこちら

 

Brigela (ブリジェラ)

ブリジェラはブルーボトルコーヒーと同じ清澄白河エリアの住宅街にあります。こちらはテーブル席も店内に設置されゆっくり味わうことが

 

ブリオッシュとは、 水の代わりに牛乳を加え、バターと卵を多く使った口当たりの軽い発酵パンの一種。

マリー・アントワネットが「パンが食べられないならお菓子を食べればよいのに」 のお菓子こそ、このブリオッシュ。

このパン生地にジェラートを挟んだものが、ブリオッシュ・コン・ジェラート。
イタリアのシチリア地方が発祥で、 現代でも朝食や昼食で当たり前に食べられています。
最高級パンと言われるブリオッシュに、ジェラートを挟んで食べる。 日本ではまったく新しいスイーツです。

ジェラートは、旬の食材を使うことにもこだわりを持ち、 味は定番10種類に加え、季節のフレーバー6種類も提供。ジェラートだけで食べるも良し、 ブリオッシュに挟んで頬張るも良し。 何度も食べたくなる美味しさと感動をあなたへ。

 

ブリオッシュの大きさはSサイズかMサイズの2種類。チョコブリオッシュもあります。

ブリオッシュなしのジェラートのみだとジェラートのフレーバーは16種類。定番のもの10種類と季節で変わる6種類のフレーバーがあります。

 

 

せっかくなのでブリジェラに挑戦してみました。ジェラートはヘーゼルナッツとチョコラータ。うん、スイーツというより軽食ですね。イタリアでは小腹が空いた時に歩きながら食べるみたいです。う〜ん、美味しいのですが私はジェラートだけで楽しみたい。

ヘーゼルナッツは味がしっかりしていてコクがあります。チョコラータもしっかり奥深いカカオの味が♡「◯◯風味アイス」のものとは全く違います。もちろんですよね。

 

 

パートナーはチョコラータ、ピスタチオ。。。もう一つは忘れました。ごめんなさい。汗

ピスタチオはヘーゼルナッツと比較すると軽目です。でもしっかりピスタチオの味がします。ナッツどれだけ使っているのかしら。贅沢。

お口の中が甘くなったらすぐ近くのブルーボトルでコーヒータイム。いい流れですね。

Brigela お店の詳細は こちら

 

また新しいフレーバーが出たら追記していきます!

 

 

POSTED COMMENT

  1. Maya より:

    ジェラートもコーヒーも大好きな私にとてはスッゴイお宝情報!日本に帰ったら絶対行きたい!!これからも食べ物情報の発信よろしくお願いしますね(^ ^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です