events

TOKYO COFFEE FESTIVAL IN AOYAMA

トウキョウ コーヒー フェスティバル初参加のじゅんです。

朝から風も強く、一週間前の天気予報では雨でしたがそこは自称晴れ女、なんとか曇りにまで回復。

TOKYO COFFEE FESTIVAL


表参道駅から246通りを渋谷方面に6分くらい歩くと国際連合大学内の会場に到着です。

私にとってトウキョウ コーヒー フェスティバルは初参加になりますが、ものすごい熱気でびっくり。さらに外国人観光客も参戦で人気のコーヒーショップは長蛇の列。コーヒーってこんなに人気あるの?

下見不足でどこのショップがいいかもわからないので、比較的空いてるお店を回ってみました。私もパートナーも並ぶのが苦手です。

一杯づつ購入する事も可能ですが、¥1000でコーヒーの味見が4杯できるコインをゲット。最後に気に入った豆を買って帰る作戦にしました。

ほんとは味見用オリジナルのコーヒーカップ私頂けるそうなんですが在庫切れでワイングラスに。パートナーはカップが欲しかったとぶつぶつ言ってましたが無いものは無い。

では、回って見ましょ!

ちなみに私のコーヒーの好みは豆は中煎りで酸味の少ないタイプです。

毎朝一杯のコーヒーがないと1日がスタートしません。

 

まず1件目

ETHICUS coffee roasters/TOKYO COFFEE FESTIVAL

54A387FC-8679-46D0-9C83-1EAD623190ED

このドリッパーセット素敵。ガラスと木の組み合わせがいいなぁ。お店で売ってたのかな?

0A98FC44-21D3-4FB1-AE0C-2B9F5AF5F271

静岡から来たオーガニックのコーヒー豆を使っているお店です。

ここは会場で偶然に出会ったパートナーのコーヒー通の知人からおススメ頂いたコーヒーです。

ブレンドをお試し。かなり軽い味わいでクセがありません。酸味もなくフルーティー。コーヒーが苦手な方でも飲みやすいと思います。

食事やコスメなど肌につけるものはオーガニックのもので気をつけてましたが、コーヒーは考えてなかった。これから試してみようかな。

ウェブでホームページを検索したのですが、新しいお店なのかHPは準備中で店舗詳細不明です。こちら

2軒目

ROUND COUNTER/TOKYO COFFEE FESTIVAL

バリスタとパタンナーが創造する、スペシャルティコーヒーとカウンタープロダクツスペシャルティコーヒーの理念にもある”from seed to cup”に基づき、お客様に最高の一杯をお届けいたします。
ご家庭でのコーヒータイムをより楽しむ為に生み出される、カウンタープロダクトと共にコーヒーを価値のある一杯へと創造します。
美味しく、楽しく淹れるスペシャルティコーヒーをライフスタイルの一部に
より身近にする事がROUND COUNTERの使命です。

ここでもブレンドをお試し。あ、好きなテイストかも。私はここでマメを買いたいな。

1軒目のETHICUSと比べて味に深みがあります。苦味酸味はなくマイルド。全体にクセのない味わいでモーニングコーヒーにぴったりかも。

お店のオリジナル(?)のエプロンも売っていて楽しいお店でした。

HPは      こちら3軒目

コルシカ珈琲/TOKYO COFFEE FESTIVAL

コルシカ珈琲は香川県高松市に実店舗を構える自家焙煎のコーヒーバーです。県外のお客様や、なかなか店舗に足を運べないお客様にも私たちのコーヒーを味わっていただきたく、オンラインショップを開設いたしました。
個性豊かなシングルオリジンコーヒーと、それを使用したブレンドコーヒーを、全品送料無料のメール便にてお届けさせていただきます。
当店のラインナップは・・・
・エンターブレンド「コルシカ」
・プログレスブレンド「マルタ」
のブレンドに加え、
・“juicy”
・“crisp”
・“bitter sweet”
・“well balance”
などそれぞれの個性を冠したシングルオリジンコーヒーをご用意しております。
メール便の特性を生かして新鮮な焙煎豆を迅速に、ご不在時でもポストに投函できますのでお気軽にご注文いただけます。200gからお買い上げいただけますが、もちろん大量にご購入いただいても送料は一切いただきません(発送方法は異なります)。また、卸売やオフィスコーヒー、定期購入など各種承ります。詳しくはcontactよりお問い合わせください。

E63F8ADD-D37B-4923-8244-4C03E67E02D2

香川県から来てたんですね。こちらも酸味少なくコクがあり、バランスの良い美味しいコーヒーでした。ほかのコーヒーも試してみたかったな。

HPは こちら

4軒目

珈琲や/TOKYO COFFEE FESTIVAL

珈琲やは「こだわりのコーヒー豆」の中から、「お好みの焙煎」でお客様一人一人に合った“美味しい”をみつけていただく珈琲店です。コーヒー豆が焙煎前は黄豆色の生豆である事を知っている方はどれくらいいるでしょう。コーヒーが持つ楽しみ方をもっと知ってもらい、自分好みのやきたてのコーヒーをもっともっと日常にしていただきたい。
珈琲やはそんなことを真面目に考えているお店です。

お店で焼きたての新鮮なコーヒー豆をお渡しするため、15~20分程お時間を頂き、全てご注文後に丁寧に焙煎いたします。
厳しい研修を積んだ焙煎士が、美味しく飲んで頂けるようにと、ひと袋ひと袋に心を込めながら焙煎しております。

80023CD8-8432-46AD-A3A8-F597D63564A4 A8531890-3DAA-435D-BBF0-D62581A833A1

お店の目の前で焙煎してました。新中野に本店があるんですね。

こちらでは東ティモールオーガニックとブレンドをチョイス。

まずは東ティモールってどこ?からですね。オーストラリア近くにある島でした。
東ティモールコーヒーはしっかりとした苦味にやわらかで穏やかな酸味が心地よく、ほのかな甘みが特徴です。
おすすめ焙煎度合は、シナモンロースト〜ミディアムロースト程度で、浅めに焼いてアメリカンコーヒーとして楽しむのが一般的です。公式規格はありません。

私が頂いた東ティモールコーヒーも酸味があって軽い口当たり。オーガニックコーヒーは口当たりが軽いものが多いのかしら?

ブレンドは全体にバランスが良く香りが良いコーヒーでした。

HPは こちら

5軒目

CHIBI/TOKYO COFFEE FESTIVAL

こちらは千駄木にあるカフェらしいです。こちらもHPが見つけられず。。。

ずっとコーヒーだけを飲み続けていたので、ここでスイーツタイム。ちょっとお腹もたぽんたぽんしてきました。

FD08D540-4F57-43F5-A01D-F0FC33897F2D

ここではコーヒーではなくスイーツを扱ってました。イチジクのケーキと一口生チョコをチョイス。

生チョコも美味しかったのですが、イチジクのケーキが絶品でした。ほんの1切れで¥450とお値段もいいのですが、しっとりなめらかな生地にジューシーなイチジクが贅沢に入ってました。

このお値段からすると無添加の商品を扱ったスイーツショップなのでしょうか。

HPで扱ってるエプロンがかわいい。今エプロンブームなの?

お店もおしゃれ。千駄木ツアーしようかな。HPはこちら

6軒目

CHOP COFFEE/TOKYO COFFEE FESTIVAL

私たちはデザイナー、イラストレーター、スノーボーダー、フラダンサー、学生、キャンパーと個性溢れたメンバーの集まりで皆が犬愛好家です。そして私たちの1日は、新鮮な淹れたてのコーヒーで始まり、皆が皆コーヒーを愛する小さな会社です。そんな仲間が数年前、表参道に自家焙煎コーヒーショップを作ろうとチームを組み動き出しました。

コーヒー豆、機械、焙煎のスペシャリストと出会うことによって「焙煎とデザイン」の哲学には様々な共通点があることを学びました。

焙煎とはデザインと同様に、創造力(想像力)が大切だということ。常に学ぶことを忘れてはいけないということ。

何事もこの美しい自然に勝るものはないでしょう。私たちと“一杯のコーヒー”を一緒に楽しみませんか?

それは今まで経験したものとは違う“一杯のコーヒー”となるのではないでしょうか?

D1DC9FE5-E128-4450-9066-45F706B88112

とてもおしゃれな雰囲気のお店でした。

こちらで頂いたブレンドは苦味、酸味も少なく軽めの味わい。

パートナーはこちらのコーヒーが気に入ったみたいです。

HPは こちら

7軒目

井尻珈琲焙煎所/TOKYO COFFEE FESTIVAL

最後に大阪から出店の「めっちゃこだわってやってます」の気迫が伝わってくるお店で締めです。

1362D721-5A4D-42F7-A3A4-D79E77FFFCC9

手前の丸い缶にはコーヒーが入っているのでしょうか。これもシンプルで素敵♡でもうちに置いたらただのお茶缶にしか見えないだろうなぁ。

B5CB9CEB-9CAD-403B-9F44-230A74FD10B1

スッタフの方も「アパレルの方?」と聞きたくなるくらいおしゃれで雰囲気がありました。BGMにジャズが流れランプなど小物に至るまでいちいちおしゃれ。

でもそれが全くイヤミじゃないんですね。ちょっと魅かれちゃうじゃないですか。

ここで頂いたのもブレンドだったと思います。飲んでびっくり。苦味もあるけど甘みもある、香り高き深い味わいのあるコーヒー。美味い!

「ここで買おう!」初めて二人の意見が一致。再度並び直ししましたが、コーヒー豆は初日で完売とのこと。

もーおにーさんたち大阪からもっと豆を仕込んで来なきゃだめじゃないですか〜。美味しかったなぁ。家で飲みたかったな。大阪遠いし。Webで買うかな。

Web shopは こちら

番外編

Dead Stock Coffee/TOKYO COFFEE FESTIVAL

コーヒーの聖地アメリカ西海岸のポートランドからやってきたデッドストックコーヒーです。

なにやらコーヒーショップらしからぬ雰囲気。

69538EF5-1702-45F8-B41D-C0A712EEC3F8

ターンテーブルが似合いそうなオサレなお兄さんたち。ここのオーナーは元NIKEのデザイナーだそうです。納得。

コーヒー試飲してみたかったけど長蛇の列です。もう疲れてむり。

さて、購入したのはROUND COUNTERのブレンドコーヒー豆。

B7B38A32-8555-4EFA-BBB9-8333F5021074

次のお休みにゆっくり美味しいコーヒーを飲みましょう♡美味しい豆は エアロプレス で入れるのだ。ドリップは自信がないので。

でもね。本当はコーヒー豆あと2、3個は欲しかったんですよ。でも並ぶのが苦手で。。。残念。

最後に、これだけのコーヒーショップを一同に集めていただいた主催者の皆様には感謝の気持ちを伝えたいです。一度にたくさんのコーヒーショップ体験ができて楽しいイベントでした。

どこのお店のスタッフさんたちも皆親切で丁寧。お客様たちと一緒にイベントを楽しもうというのも感じ取れました。

が、しかしですね、人多過ぎです。笑

せっかくの美味しいコーヒーのリラックスタイムも人を避けながらだし、みんなコーヒー持って歩いてるからこぼされはしないか心配だしで。。。

そこで提案です。来年からもっと広い場所でやりませんかね?

だってせっかく各地からいらして頂いているショップのみなさんから豆へのこだわりとか入れ方のうんちくとかもっとお話しが聞きたかったし。ね。

また来年も参加したい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です